あたいは子どものところからテレビプレイをしてきました。

心からプレイが好物で休みはプレイ、学院終わったら側とプレイ。いつでもプレイでした(笑)
プレイにはコミュニケーション具という役割もあります。
ポケモンだったり格闘プレイだったり賭けプレイだったり。
それらのプレイがなかったら子どものところ私は何をして遊んでいたんだろう…

大人になるとみずから遊ぶプレイをすることが増えて「おれ実相逃避みたいやるな」なんて憶えることも…

最もRPGなんかは読物やドラマで談話を確かめるだけではなく自分でセーブをする。
街角の村人に話を聞いて情報収集をしたり就業を選んで自分の好きなように本質を発育させたり。
そういった自分で選んで操作するということが再びプレイの業界や談話に入りこめるカラクリなんだと思います。
プレイというのは別世界に行くためのもの凄く製造だと感じます。
最近ではスマホゲームやWEBプレイが良識になり今年はVRプレイ元年と呼ばれているみたいです。
これからのプレイ世の中楽しみで仕方がないですhttp://lake-cardloan.hatenablog.com/