あたしは音楽が大好きで、小学生の時分はピアノを習っておりました。但し、金銭的な理由でピアノを習えなくなり、そしたら音楽は無縁でしたが、中学へ入学し、吹奏楽部に入部しました。クラリネットの音質に憧れてあり、希望のクラリネットの専属になり本当に嬉しかったです。そしたら、クラスが終わると夕刻6局面まで部活で猛進歩だ。苦痛ではありませんでした、上手になって行くによって嬉しかったです。部活仲間の身近もでき、部活が一緒だという部門が違ってもおんなじクラブという感じで親友になりました。そのクラブたちといった、夏場の吹奏楽コンクールにかけて下地の進歩から徹底して行いました。夏休みなど無く朝からお弁当抱えで夕方まで進歩でした。深く思ったこともありますが、クラブと働ける仕打ち、そして真昼のお弁当の時間も面白くわいわいってどうしても楽しかった想い出だ。そうして、中学校3時期の頃にはソロも任せて受けその役目もすごく重く感じましたが、上手にできました。吹奏楽部に入部し、クラブとともに頑張ってこれたのは、私の宿命の宝になりました。おすすめはこちら!