私は乳幼児の内からテレビジョン決戦をしてきました。

心から決戦がオススメスポットで休みは決戦、学院終わったら周囲と決戦。いつでも決戦でした(笑)
決戦には連絡機材という役割もあります。
ポケモンだったり格闘決戦だったり対戦決戦だったり。
それらの決戦がなかったら乳幼児の内己は何をして遊んでいたんだろう…

大人になるとみずから遊ぶ決戦をすることが増えて「おれ現況逃避的やるな」なんて感ずることも…

殊更RPGなんかは図書やドラマで話を探るだけではなく自分でタスクを行う。
町の村人に話を聞いて情報収集をしたり勤務を選んで自分の好きなように性格をトレーニングさせたり。
そんな自分で選んで操作するということがグングン決戦の市場や話に入りこめる機能なんだと思います。
決戦というのは別世界に行くためのもの凄く創造だと感じます。
最近ではスマホゲームやオンライン決戦が自然になり今年はVR決戦元年と呼ばれているみたいです。
これからの決戦グループ楽しみで仕方がないですhttp://www.michaellawrenceco.com/